月別アーカイブ: 2012年12月

HTL21とnasne

自分へのクリスマスプレゼント的なあれでHTC J butterfly HTL21 とnasneを買ってみたので簡単にまとめておきます。

HTC J butterfly HTL21

ISW11 からの機種変なので世界が変わりました。とりあえず1週間ほど使ってみての感想です。

  • でかい。片手持ちは諦めました。
  • 画面もでかい。1920*1080は超綺麗。
  • 早い。LTEは超早いです。岐阜の片田舎なので電波が減ることはありますが3Gになることはほぼないです。
  • 電池交換が不可。バッテリーの持ちはぼちぼち。ヘタってきたら修理扱い(安心サポートに入ってれば5000円程度)で交換可能

nasne

amazonで1万5千円程度だったので購入しました。
UIはかなり使いやすく、ストレスなく使えます。
5年振りにテレビのある生活ができそうな感じです。

HTL21とnasne

本題はここから。nasneで録画したTVをHTL21で視聴できるか?
答えは可能です。初見だと 囲い込みされてるように見えるnasneですが、実はそこまで囲い込みされていません。
Twonky Beamをインストールすれば特にめんどくさい設定もなく、視聴可能です。
もちろんHTL21が無線LAN経由でネットワークに接続されているnasneと通信が可能なのが前提ですが。
事前の下調べでは、録画モードを3倍モード(標準)にしなければいけないと書かれていたのですが、DRモード(高画質)で録画しても視聴可能です。

参考

あ…値段下がってる…orz

Pocket

さわやかとブロンコビリー


先日の浜松基地航空祭に行った時に初めてさわやかに行ってきた。
げんこつハンバーグを食べたのだけども、ブロンコビリーのがんこハンバーグと似てるなーと思ったので個人的な比較をしてみた。
ちなみに上の写真はその時食べたげんこつハンバーグ

ブロンコビリーで7年くらいバイトしてたのでブロンコビリー寄りにはなるかも

さわやか げんこつハンバーグ

さわやか
げんこつハンバーグ

ブロンコビリー がんこハンバーグ

ブロンコビリー
がんこハンバーグ

材料

がんこハンバーグもげんこつハンバーグもほぼ牛肉100%ミンチのハンバーグ。
つなぎが入ってるはずなので完全な100%ではないと思いますが…

がんこハンバーグのつなぎはベーコンだったような。

成形

名前にも関わってますが味にも大きく関わってます。
げんこつハンバーグは丸くげんこつ型
がんこハンバーグは細長い俵型

最後の鉄板で仕上げる時にこの差が大きい。
げんこつハンバーグは半分に切っても厚みがあるので、押さえても赤い部分が若干残りますが、
がんこハンバーグは半分に切ると厚みがないので赤い部分が残らない場合があります。

火を通しきるという部分ではがんこハンバーグのほうがいいかもしれませんが生肉スキーな俺みたいな人はげんこつハンバーグのほうがいいですね。

焼成

どちらも炭火で焼いてます。
げんこつハンバーグの焼成は炭とハンバーグの距離が結構あって、網を熱してハンバーグに焼き色をつけるのが主のように見えました。
なので網の焦げ目はつきますが、直火にさらされたような焼き色はあまりつきませんし、ハンバーグの中まで火が通らないように見えました。
がんこハンバーグの焼成は炭とハンバーグの距離が結構近いです。なので直火にさらされたような焼き色がつき、ハンバーグの中まで火が通ります。
ただ、火が通りやすすぎ、焦げやすいので焼成には気を使うかもしれません。

仕上げ

成形でも書きましたが、げんこつハンバーグは押さえてもハンバーグに赤い部分が残りますが、
がんこハンバーグは押さえるとあまり赤い部分が残りません。
また、肉汁もげんこつハンバーグのほうが残っているように感じました。
鉄板の温度はどちらも同じくらいかな?

ソース

げんこつハンバーグで選べるのはデミグラスソースかオニオンソース
がんこハンバーグで選べるのは和風ソースか塩、もしくはトッピングのソース

和風ソースを7年も使っていたのでオニオンソースはあまり馴染めませんでした…
これは完全に個人差なのでなんとも言えません…

まとめ

どっちが上かというのではなくどちらも美味しいので両方食べてみることをおすすめします^q^

Pocket