RasPi(Stretch)でADS-B受信

この記事はRaspberry Pi Advent Calendar 2017の11日目の記事です。

今年も色々やったようなやってないような感じですが、個人的にずっと塩漬けしてたADS-B受信のお話。

ADS-Bって?

ざっくりと言うと飛んでる飛行機が今どこにいて、どこに向かってるかを流してる電波です。
これを受信して集めることでFlightradar24のようなサービスを作ることができます。

今回はRasPiでADS-Bを受信して、Flightradar24に情報を送り、Bussinessプラン会員(お高いBussinessプラン会員がデータを送ることで無料になります)になるためにやったことをまとめてあります。

環境

OSはraspbian(Stretch)

ADS-B受信機器


電波なので受信するための機械が必要です。
私はDX.comの怪しいUSB受信機を買いましたが、
amazonで安く販売されているこういったものでもOKです。
ただ、後述しますが、どういった機械にしても熱対策が必要です。

事前設定

OSインストール諸々は適当にして、

USBへの供給電力変更

RasPi3では不要

必要PKGインストール

インストール後に再起動

fr24

flightradar24 へADS-B情報を送るためのソフトをインストール
スクリプトを実行するだけでインストール可能

事前に準備するもの

  • メールアドレス
  • Sharingkey(もし持っていれば。無くてもOK)
  • RasPi設置場所の緯度・経度・高度(mではなくfeet)


インストール

以下に公式手順はあります。
https://www.flightradar24.com/raspberry-pi

サービス再起動

動作確認

以下のURLにアクセス
http://RasPiのIPアドレス:8754/
受信したデータが表示されれば稼働しています。

Flightradar24への登録

Fr24インストール時に設定したメールアドレス宛に「Your Flightradar24 sharing key」というタイトルでsharing keyが届いた後にアカウントを登録します。
アカウントのメールアドレスをFr24インストール時に設定したメールアドレスと同じアドレスにすればBussinessプランで登録され、Bussinessプランで利用が可能となります。

熱対策

ADS-Bの受信機器がかなり熱を持ち、動作が不安定になります。
手っ取り早い対策として家に転がってた古いグラフィックボードのヒートシンクをつけてみました。
これをつけただけで、1ヶ月は安定稼働しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。